2011年07月13日

Google+がいよいよお披露目

こんにちは、インターネットの世界で大きな影響力を持つグーグルが、ついに新しいソーシャルネットワークサービスを発表しました。「Google+」と名付けられたSNSで、現在では一般公開されておらず、一部のユーザー限定オープンとなっていますが、すでに全世界で450万人が新しいサービスを体験していると言われています。

これまでにもグーグルは、3つのSNSを発表しているそうですが、ことごとく失敗に終わっています。もっとも検討したのは「Buzz」というSNSだったと思われますが、いずれもSNSの世界で大きなシェアを獲得することはできませんでした。

新しいグーグルのSNS「Google+」はインターフェイスがフェイスブックそっくりだそうです。これはライバルであるフェイスブックとの差別化を前面に押し出すよりも、使いやすい物はそのまま取り入れようという、これまでのGoogleには無かった柔軟な対応だと言われています。
さらに、デザイン面でも大きな変化があるようです。アップル社の黎明期、元祖マッキントッシュ・コンピュータの開発メンバーだったアンディ・ハーツフェルドがデザインを担当しているとのことで、これまでのGoogle製のサービスにはない、カッコよさが目立つと絶賛するモニターユーザーが多いようです。

また、フェイスブックと差別化を図る「サークル」機能も、日本人に親しみやすい機能だと言われています。フェイスブックでは友達はすべてひとくくりのカテゴリーとなり、リストで仕分けできてもソーシャル機能はすべての友達に作用してしまいますが、Google+ではユーザーが仕分けした通りに友人へのソーシャル機能を制限できるようです。仕分ける作業も簡単で、ドラッグ&ドロップだけで完了するそうでどんな仕分け方がされているのかは、ユーザー本人だけにしかわからず、仕分けられた友達には分からないということです。

Facebookでも同じような仕分けは可能ですが、リストの作り方、プライバシー情報の設定など、非常に複雑だと感じるユーザーが多いようです。
実際、フェイスブックでアカウントを作成したらまずやるべきことはプライバシー設定なのですが、この設定を放置し、個人情報や友達関係など、すべてをWEB上に開放したままフェイスブックを使い続けているユーザーも多いようです。


【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110630-00000301-newsweek-int
ITメディアニュースURL
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1107/11/news020.html
日経ビジネスオンラインニュースURL
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20110708/221366/?P=1
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/infotech/492619/


導入コストの安さと品質の高さが人気のシャープ(SHARP)太陽光発電システム
シャープ 太陽光発電
posted by ぼふぼふ at 11:41| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。