2011年07月19日

サイバーエージェントがアプリ販売

アメーバブログでお馴染みのネット広告大手、サイバーエージェントがスマートフォン用のアプリを提供するサイトを用意すると発表し、利用者の急増が予想されているようです。

サイバーが用意するのはAndroidOS用のアプリを提供するサイトで、すでにモバゲーやDeNAなどが積極的に展開している分野ですが、これらはいずれもゲームアプリが中心です。サイバーはこれら先行組との差別化を図るため、ゲームアプリのほかにも趣味、教育などの分野で活用するためのアプリを提供し、利用者獲得を目指します。

サイバーエージェントが用意する新しいサイトは「AmebaAppMarket」で、有料と無料のAndroidアプリを取り揃えていく予定です。すでにサービス開始の時点から中堅ソフト会社の「チュンソフト」など34社がアプリ供給を予定しており、スタート時から200点以上ものアプリが集まる予定だそうです。サイバーエージェントとしては、年内に1000点以上のアプリを取りそろえ、ラインナップを拡充したい考えのようです。

サイバーエージェントはこれまで、スマホ向けの自社アプリを提供していました。提供ページはこれまで月間で10億ページビューだったそうですが、他社製のアプリをラインナップに加えることで2013年度までに200億ページビューまでアクセスを増やしたい考えです。

すでに「アメーバブログ」という巨大なコンテンツを所有しているサイバーエージェントはパソコン向けネットサービスの分野では大きな強みを持っています。携帯電話向けサービスでグリーやDeNAに大きく引き離されていた遅れを一挙に取り戻してしまうかもしれません。


【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110715-00000034-scn-biz
ITメディアニュースURL
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1107/12/news031.html
日経ビジネスオンラインニュースURL
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20101228/217771/
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/517612/
posted by ぼふぼふ at 19:17| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。