2013年10月29日

米アップル、3四半期連続で減益

【シリコンバレー時事】米アップルが28日発表した2013年7〜9月期決算は3四半期連続で減益となった。タブレット型多機能携帯端末「iPad(アイパッド)」の売上高減少が響いた。今週末には新製品「iPad Air(エア)」(画面サイズ9.7インチ)を投入するが、販売競争の激化で年末商戦は厳しい戦いを強いられそうだ。
フェアウェイウッドを売るならココで決まり!
 タブレット市場ではグーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載した低価格品のシェアが拡大。10年に初代アイパッドを投入し、市場をリードしてきたアップルのシェアは4〜6月期は32.4%と、前年同期のほぼ半分に落ち込んだ。一方で、韓国サムスン電子が猛追し、シェアを18.0%に伸ばした。中国や台湾メーカーも低価格を武器に販売を増やしている。 

posted by ぼふぼふ at 20:59| 気になったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。